理化学研究所 脳神経科学研究センター

親和性社会行動研究チーム

mouse mother infant

 

RISTEX

養育者支援によって子ども虐待を低減するシステムの構築

RISTEX

私たちは、社会行動の中でも特に哺乳類にとって重要な、親子関係を支える神経基盤について、マウスモデルを用いて研究しています。

この分野に興味のある研究者・学生の方はどうぞお気軽にご連絡ください。

 

2019年4月3日 <報道>

共同通信社取材による新聞報道について

2019年3月30、 31日に発行された各社新聞に、当チームの児童虐待に関する研究が紹介されました。

本研究開発はJST/RISTEX安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築領域「養育者支援によって子どもの虐待を低減するシステムの構築(2015-2019)」およびJST/RISTEX 政策のための科学「家族を支援し少子化に対応する社会システム構築のための行動科学的根拠に基づく政策提言(2018-2022)」の委託事業の一部分として行なっているものです。

https://www.jst.go.jp/ristex/pp/

https://www.jst.go.jp/ristex/examin/active/stipolicy/stipolicy.html

本研究では、児童虐待に関わった養育者の方々から、事件の背景にあった要因や、どのような支援が必要だったかについて伺うことで、今後の支援に役立つ知見を得ることを目的としています。記事の元となった研究結果は、 昨年11月に開催したシンポジウムで報告したもので、中間報告書としてJST/RISTEXのホームページに公開予定です(2019年4月下旬〜5月頃)。ただし本研究は現在も継続中ですので、結果の詳細は随時更新されています。

本調査の中間報告では、「児童虐待によって有罪判決を受けた養育者の72%に、幼少期の虐待被害などの逆境体験があった」と記載しています。このことについて、誤解を招かないために少し説明いたします。

新聞記事本文にも「こうした(被虐待)経験や環境が虐待に直結するわけではないが」とあります通り、この結果は虐待を受けた人が必ず虐待を繰り返すという意味ではありません。虐待被害を受けた児童の前向きコホート調査をまとめた先行研究(Ertem, Lancet 2000)でも示されている通り、細かい数値は調査にもよりますが、虐待被害を受けた人の少なくとも過半数は虐待を繰り返しません。また集団の特性は必ずしも個人の特性を表さないことに注意が必要です。

このことは、本調査の背景となる私共の総説「子ども虐待はなぜ起こるのかー比較行動学および脳神経科学的考察」SciREXクオータリー9号掲載記事でも解説しておりますのでご参照ください。

本件に関する取材やお問合せは理化学研究所の広報室(http://www.riken.jp/help/media/interviews/)までお願い致します。

理化学研究所 脳神経科学研究センター 親和性社会行動研究チーム 黒田公美・白石優子

 

2018年9月12日 <お知らせ>

理研脳神経科学研究センターCBSの前身であるBSIの20周年を記念して発売された ブルーバックス 「つながる脳科学」 から、第9章「親子のつながりを作る脳」をウェブ公開しています。

https://cbs.riken.jp/jp/public/tsunagaru/kuroda/01/

是非、ご覧ください。

 

2018年2月15日 <お知らせ>

 研究補助および事務系パートタイマーを募集中です! 詳しくはこちら
 (W809,W812を募集中。W788は終了しました)

 主婦の方歓迎です^o^ お気軽にご応募ください。

2017年6月13日 <お知らせ>

 

 研究協力者募集のご案内

 親和性社会行動研究チームでは、現在、研究に協力していただける方を募集しています。
 対象は、授乳中・授乳予定のお母さんです。

 詳細はこちら[pdf]をご覧ください。

 

 

2016年12月1日 <お知らせ>

理研脳センターBSIの20周年を記念して、ブルーバックス「つながる脳科学」が発売されました。
http://bluebacks.kodansha.co.jp/intro/210/

9人のBSIの脳科学者が分担して最新の脳科学トピックについて解説をしています。
是非ご覧ください!
黒田は9章「親子のつながりを作る脳」を担当しています。

2016年8月20日 <お知らせ>
養育者支援プロジェクトのHPができました。子育て、親子関係に役立つ情報や養育者支援に携わる専門職の方向けの資料等を掲載していきます。プロジェクトへのご意見も募集しています。

RISTEX 養育者支援によって子ども虐待を低減するシステムの構築
http://parent-supporters.brain.riken.jp/index.html

2015年11月16日 <お知らせ>
科学技術振興機構 社会政策研究センター(RISTEX)「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」 において、新たなプロジェクトがスタートいたしました。
http://ristex.jst.go.jp/pp/project/h27_1.html

2015年9月30日 <プレスリリース>
マウスの「父性の目覚め」に重要な脳部位を発見
―オスマウスの子育て意欲は2つの脳部位の活性化状態に表れる―

2014年8月5日 <お知らせ>
Michael Numan先生が本を出版しました。  -概要(PDF)
「Neurobiology of Social Behavior: Toward an Understanding of the Prosocial and Antisocial Brain」

2013年4月19日 <プレスリリース>
抱っこして歩くと赤ちゃんがリラックスする仕組みの一端を解明 -経験則を科学的に証明、子育ての新たな指針に-

2013年3月20日 <プレスリリース>
マウスが父性行動を発現する神経機構の一端が明らかに -仔マウスに対する攻撃から養育へ、雄マウスが示す行動変化の不思議を解く-

2012年9月29日 <お知らせ>
2012年理化学研究所科学講演会での講演にお越しいただいてありがとうございました。黒田の発表内容をやや専門向けに書いた総説はこちらです。

2012年7月31日 <お知らせ:研究者向け>

 「うちのノックアウトマウス、なんだか子育てが悪いかも?」と思ったら・・・

子育てを調べるプロトコルをPublicationsページでご紹介しています。